その他の分析   

    当社は、環境計量証明事業における化学分析のみならず、高度な技術力を生かして多様な分野の化学分析を実施しています。
 たとえばコンクリートの劣化による化学変化を検査・分析する業務や土壌の作物栄養分析、さまざまな目的に照らした地下水の分析、岩石の分析、木の葉や野菜の残留農薬など多種多様です。

     



 コンクリート分析試験

 コンクリートは、長い年月の間に中性化し劣化が進みます。その進行速度はアルカリ骨材反応のように使用した材料に原因があるものもありますが、多くの場合その構造物が置かれている自然環境や利用環境に大きく支配されます。
 北海道では、海岸沿いの塩害のみならず融雪剤による塩害も発生しています。また冬季の凍上などによる劣化も目立ちます。こうした地域特有の劣化に対して出きるだけ早期の診断と対策工事を迅速に且つ適切に実施するため常に監視の目が欠かせません。

コンクリートの中性化深さの測定 →



 土壌及び作物栄養

 土壌の持つ肥沃度の違いは、土壌の物理性、化学性、および微生物などに起因しています。
 農地改良や法面保護のために利用する土壌の肥沃度調査、作物栄養の土壌診断などの目的で分析が行われます。
  CEC試験



 トランス・オイルのPCB分析

 
PCB(ポリ塩化ビフェニル)は電気の絶縁性が高く、不燃で、安定性があるため、トランスやコンデンサの絶縁体・熱媒体・塗料・印刷用インキなどに広く利用されていました。しかし、1968年カネミ油症事件を契機に毒性が問題となり、現在では生産・輸入・新規使用が制限されています。
 PCBを含む廃棄物は、保管する事業者自らが、平成28年7月15日までに処分するか、処分を委託することが義務付けられています。


絶縁油中のPCB分析価格
 分析項目  標準価格(税別)  摘   要
 絶縁油中のPCB

(ポリ塩化ビフェニール)
 19,000円
 試料採取費は含んでおりません。
 
 詳細はお問い合わせください。



ご注文・お問い合わせはこちらへ





  HOMEへ