環境計量証明 (濃度)/ 化学分析

    高度経済成長のまっただなか、昭和30、40年代は日本各地で公害が顕在化し、その対策に官民一体で取組みを始めた時期です。そうした時代背景のなかで、昭和46年には環境庁が発足し、それまでばらばらな省庁で実施されていた環境行政が一元化され、次々と環境基準等が制定され、水質汚濁や大気汚染の状況をモニタリングする事業が重要な役割を担うことになりました。これを受けて昭和49年の計量法改正により制度化された分析機関として環境計量証明事業が法的に認知されるにいたりました。
 当社は、従前から地下水などの化学分析を手がけておりましたが、いち早くこの法律の下での事業所登録を受け、地域の環境を守るための縁の下の力持ち的な立場で社会貢献しています。
     


 水質分析

 環境に関する水質分析の対象としては、工場などから排出される工場排水と、河川、湖沼、海などのいわゆる自然環境水とがあります。どちらも法律に定められた基準を満たしているか否かを確認するためのモニタリングを定期的に実施することとされています。
 当社は、どちらかというと後者の自然環境水の分析を特異としており、道内各地の河川や湖沼、あるいは海域の水質分析を手がけています。


   ◎ 人の健康の保護に関する環境基準 →   
   ◎ 生活環境の保全に関する環境基準  河川(湖沼を除く) →   
   ◎ 活環境の保全に関する環境基準    湖沼   →   
   ◎ 活環境の保全に関する環境基準    海域   →   




 地下水分析
 
 地下水は、飲料水としても利用されますが、地下水の化学成分の状況は土木構造物の基礎調査資料としても、また地すべりやトンネル掘削予定地の地下水挙動の解析等に幅広く活用されます。
 主要な分析項目は、カルシウムイオン、マグネシウムイオン、ナトリウムイオン、カリウムイオン、塩素イオン、硫酸イオン、アリカリ度、シリカ、硝酸イオン、pH、電気伝導度などで、その他必要に応じて分析します。
 
 分析結果は、下図のようなキーダイヤグラム、ヘキサダイヤグラムにプロットして地下水の特徴を解析し、その調査目的に照らした議論や判定の資料とします。
  


 飲料水の水質分析

 飲料水の安全は、人の健康の基本です。当社は、ビルの飲料水設備の点検時や地下水井戸の掘削、管理時点の飲料水の分析を行っています。特に近年問題視されている残留農薬は微量な成分を分析する必要があるため、高度な技術が求められています。

◎ 人の健康の保護に関する環境基準 → 



 大気環境分析

 大気汚染物質の排出源は、自動車の排気ガスや工場からの排煙などのような人工的なものばかりではなく、火山や温泉、自然界の腐敗物から発生するガスなど、自然由来のものもあります。最近多くなったといわれる「黄砂」もそのひとつです。
 このため調査目的に応じたサンプリングの方法が採用されます。場合によっては現場での測定も行われます。
  
◎ 大気汚染に係る環境基準 → 




  HOMEへ