測量 ・ レーザープロファイラー

    地面の形状を正確に測定することが測量の基本です。そのために従来からスチールテープの距離計、レベル(水準測量機)、トランシットなどが使われてきましたが、近年ではこれら古典的な技術に加えて、レーザー技術を使った測距儀や人工衛星の電波を利用したGPSと呼ばれる測量技術が急速に普及してきました。また航空機に搭載したカメラによって撮影した空中写真を利用した航空測量も多用されていますし、人工衛星からのデータを使用した測量技術も年々精度を上げてきており、資源探査や広域の環境変化の様子を捉える手法とて広く用いられるようになっています。
 当社では、3次元レーザープロファイラーを利用した最先端の測量技術を導入し、従来は平面的な地図や地形図が主体であったものを画面上に立体視することによって、様々な地形状況を鳥瞰的に映し出して、スピーディに、より的確な判断を下すことに寄与する測量資料を提供しています。
 



       
       
   トランシットによる測量  GPSによる地形測量  


         
  レーザープロファイラー   レーザープロファイラーによる
立体地形表示例
 
 
   
     



  HOMEへ