動物の生態調査 

    生物と一口に言っても非常に多種多様です。陸上に棲む動物たちだけではなく、鳥や昆虫、水の中に棲む魚や貝、そして彼らの生活に欠かすことのできない植物たちの繁茂する世界。それらは互いに影響しあって生きています。われわれ人間もまた生物界の一員として彼ら無しには生きて行けません。
 そのような生物界のバランスを見極めながら、一定の範囲内での生物たちの生態や生活環境を調査し、現状をよりリアルに把握するのが生物調査です。このため調査対象となる生物の種類や調査目的によって、調査手法や必要な期間もいろいろです。
 


    赤外線センサーを利用した動物生態写真     

   野生生物の生態を、彼らの邪魔をせずに写真撮影する有力な技術の一つに赤外線センサーを利用したカメラシステムがあります。特に夜行性の生物の生態撮影に優れているのが特徴です。
 
 
     エゾシカがアンダーパスを利用している状況を確認
 
   
キタキツネ
 
コウモリ
 
 
アライグマの出没状況

ヤマシギ(赤丸印)の夜間行動状況
 
       



   河川の生態調査  − 魚類 −    
 
 魚類調査は、捕獲した魚を種類や大きさを記録した後再び放流します。

 

投網による魚類調査
 
フィッシュショッカーを利用した魚類調査
 
サケの計測 
 
   石狩川での投網によるサケの採集状況を
VTRでご覧頂けます。


マーキング
 

   河川の生態調査  − 底生生物 −    
   
底生生物調査
 
 
   
ヒラタカゲロウ
 
カクスイトビゲラ
 
 
ヘビトンボ

ヒゲナガカワトビゲラ
 


   鳥類の調査     
 
 鳥類調査は、直接写真撮影したり目視するだけでなく、鳴き声なども証拠とされます。
 
     
   鳥の観察・写真撮影
 
 
 
 アオサギの飛翔

イソシギ 
 
   
イソヒヨドリ

コチドリ
 

ノビタキ(雌)

ハクセキレイ


   植生調査     
 
 植生調査にはいろいろな方法がありますが、一定区画内の植物の種類や数を数える方法が一般的に行われています。
 
 
河川敷の植生復元状況

花の群落

エゾエンゴサク

オオバナノエンレイソウ

カタクリ

サルメンエビネ

シラネアオイ

ヒトリシズカ



  HOMEへ